Titan FXは、
レバレッジ500倍のFX業者です。

 

そのTitan FXでトレードをする場合、
必要証拠金ってどれくらいなのでしょうか?

 

海外FX業者の場合、
国内FX業者よりもレバレッジが高いので、
必然的に必要証拠金の額も
小さくなるはずですよね。

そこで今回は、
Titan FXでトレードをする場合、
必要証拠金はいくらになるのかを
計算してみました。

 

各主要通貨の必要証拠金は?

それでは早速、Titan FXで
トレードをする際の
各主要通貨の必要証拠金を
計算してみましょう。

 

まず、必要証拠金の計算式としては、

レート x ロット数 ÷ レバレッジ

となります。

 

そこで、各主要通貨のレートを

・ドル円:110円
・ユーロドル:1.1
・ポンドドル:1.3
・オージードル:0.8
・ユーロ円:125円
・ポンド円:145円
・オージー円:80円

と設定して、
これら通貨を1万通貨で
トレードする際の
必要証拠金を計算してみます。

 

そして、上記の条件で
必要証拠金を計算してみたところ、
以下のようになりました。

・ドル円:2,200円
・ユーロドル:2,420円
・ポンドドル:2,860円
・オージードル:1,760円
・ユーロ円:2,500円
・ポンド円:2,900円
・オージー円:1,600円

 

上記の必要証拠金を見ると、
さすがレバレッジ500倍ですね。

物凄く証拠金が少なく済みますね。

 

因みに、国内のFX業者では
現状のレバレッジが25倍ですが、
これと比べてみると、
以下の表のようになりました。

Titan FX国内FX業者
ドル円2,200円44,000円
ユーロドル2,420円48,400円
ポンドドル2,860円57,200円
オージードル1,760円35,200円
ユーロ円2,500円50,000円
ポンド円2,900円58,000円
オージー円1,600円32,000円

 

上記の表を見れば一目瞭然ですね。

Titan FXの方が圧倒的に
必要証拠金が少なく済みます。

という事は当然ながら
FXに使う自己資金も少なく済むので、
資金効率が圧倒的に良くなりますね。

 

 

証拠金維持率がどれくらいでロスカット?

FXでは必要証拠金に関連して
“証拠金維持率”というのがあります。

そして、
この維持率が一定の数値を下回ると、
ロスカットが発動されます。

 

Titan FXの場合、
証拠金維持率が20%を割ったら
自動でロスカットが発動されて
ポジションが決済されます。

 

因みに、証拠金維持率が
“20%を割ったら”
とはどういうことかというと、
例えば、ドル円が110円の場合、
1万通貨のトレードをする為の
必要証拠金は2,200円ですよね。

ということは、
仮に資金が2,200円だったら、
“証拠金維持率は100%”
ということになります。

 

よって、
“証拠金維持率が20%を割ったら”
というのは、含み損を含めて
合計の資金が440円を割ったら
ロスカットになります。

 

まとめ

今回は、Titan FXで
トレードをする場合の
必要証拠金について
お伝えしてきました。

 

Titan FXの場合、
レバレッジが500倍もあるので、
国内のFX業者と比べると
必要証拠金が格段に少なく済みます。

その為、少額の資金からでも
普通にトレードができるので、
資金効率が圧倒的に良いですよね。

 

“レバレッジが高いと危険”
なんてことが言われていますが、
必要証拠金が少ないという事は
小額の資金で済むので、
その分、損失も少なく済む事になります。

ですから、実はハイレバレッジは
リスクヘッジにもなっているんですね。