Titan FXといえば、
レバレッジ500倍で
使いやすい海外FX業者として有名です。

 

そんなTitan FXですが、
スプレッドってどうなのでしょうか?

 

スプレッドはトレードをする際に
コストになるので、
スプレッドの狭さは重要です。

特に海外FXの場合、
国内FXに比べて
スプレッドが広い傾向があるので、
尚更、気になるところですよね。

 

という事で今回は、
Titan FXでのスプレッドについて
他の海外FX業者と比較してみました。

 

Titan FXのスプレッドは?

まずはTitan FXのスプレッドについて
調べてみたところ、
主要通貨のスプレッドは、

・ドル円:1.1~
・ユーロドル:1.2~
・ポンドドル:1.7~
・オージードル:1.6~
・ユーロ円:1.7~
・ポンド円:2.5~
・オージー円:2.2~

となっています。

 

上記のスプレッドを見ると、
そこまで広いとは感じませんね。

このぐらいであれば、
超短期スキャル以外なら
問題なくできると思います。

 

他のFX業者とのスプレッドを比較してみた

では次に、他の海外FX業者と
スプレッドを比較してみましょう。

 

因みに、今回比較するFX業者は、

・XM
・FBS
・IS6

といった海外FX業者の中でも
有名な業者のスプレッドと
比較してみましょう。

 

そして、実際に主要通貨の
スプレッドを比較してみたところ
以下のようになっていました。

Titan FXXMFBSIS6
ドル円1.11.62.01.6
ユーロドル1.21.60.91.5
ポンドドル1.72.11.42.4
オージードル1.61.91.62.0
ユーロ円1.72.51.52.3
ポンド円2.52.82.73.1
オージー円2.23.31.62.9

 

上記のスプレッド比較を見ると、
Titan FXのスプレッドは、
狭い方だとわかりますね。

 

しかも、他のFX業者のスプレッドだと、
通貨によってばらつきが大きいですが、
Titan FXの場合は、
そのばらつきが小さいので
安定したスプレッドとなっています。

その為、どの通貨であっても
トレードができるので便利ですよね。

 

スプレッドがゼロになる口座も存在する

Titan FXでは、
ブレードアカウントといって、
最小スプレッドが
ゼロになる口座タイプが存在します。

 

そして、この口座タイプでの
主要通貨の平均スプレッドは、

・ドル円:0.4
・ユーロドル:0.4
・ポンドドル:0.9
・オージードル:0.8
・ユーロ円:0.8
・ポンド円:1.6
・オージー円:0.8

となっているので、
スタンダード口座よりも
かなり狭いです。

 

しかし、実はこの口座では、
往復1ロットあたり、7ドルの
手数料が掛かります。

これはpips換算すると
約0.7pips分となります。

 

その為、実質のスプレッドとしては、

・ドル円:1.1
・ユーロドル:1.1
・ポンドドル:1.6
・オージードル:1.5
・ユーロ円:1.5
・ポンド円:2.3
・オージー円:1.5

となります。

 

これでも、スタンダード口座より
スプレッドは狭いし、
欧米時間になると流動性が上がるので、
スプレッドも頻繁にゼロになります。

その為、実際のトレードでは、
かなり狭いスプレッドで
トレードができる事になります。

 

まとめ

今回は、Titan FXのスプレッドについて
調べた結果をお伝えしてきました。

 

Titan FXの場合、
他の海外FX業者と比べても
スプレッドは狭い部類に入ります。

更に、ブレードアカウントを使えば、
手数料が少し掛かりますが、
かなり狭いスプレッドでトレードができます。

 

その為、Titan FXは、
海外FX業者の中でも
かなり使い勝手が良いFX業者と言えるでしょう。