Titan FXといえば、
レバレッジ500倍の海外FX業者で有名です。

 

そんなTitan FXを使って
トレードをする場合、
入金をする必要があるのですが、
入金方法や手数料などは
どうなっているのでしょうか?

 

という事で今回は、
Titan FXでの入金について
お伝えしていきます。

 

入金方法は何がある?

Titan FXでの入金方法について
調べてみたところ、

・クレジットカード(VISA/MASTER)
・デビットカード(VISA)
・ビットウォレット
・銀行送金
・ネッテラー
・Skrill

といった6種類があります。

 

しかし、

・ネッテラー
・Skrill

この2つに関しては、
日本で利用できなくなったので、
実質の入金方法は4種類になります。

 

入金可能通貨は?

Titan FXで入金をする際に
入金する通貨も関係してきますが、
使える通貨としては、

・米ドル(USD)
・豪ドル(AUD)
・日本円(JPY)
・シンガポールドル(SGD)
・ユーロ(EUR)

となっています。

 

ただ、通貨に関しては、
日本にいる限りは円になると思うので、
ここに関しては
特に気にする必要はないですね。

因みに、取引通貨の選択は、
口座開設時に決めるようになっています。

 

入金手数料は必要?

FXで資金を入金する際は、
大体何かしらの手数料が掛かります。

 

しかし、Titan FXの場合は、
実は入金手数料は一切取っていません

これは公式ページにも書いてあります。

その為、入金する際に
資金が目減りすることがないので
ありがたいですよね。

 

ただし、
銀行送金をする場合は、
国際送金扱いになるので、

・銀行側での手数料
・中継銀行先での手数料

といった費用が
必要になる場合があり、
大体3~5,000円ぐらい掛かります。

 

口座に反映されるまでの時間は?

いくら入金処理をしても、
口座に反映されない限り、
トレードはできません。

そこで、Titan FXでは、
口座に資金が反映されるまでに
どれくらいの時間が掛かるのかを
調べてみたところ、
以下のようになっていました。

 

入金方法反映時間
クレジットカード即時
デビットカード即時
ビットウォレット即時
銀行送金2~3営業日

 

上記の表を見ると、
銀行送金以外は入金処理完了後、
すぐに口座へ反映されます。

仮に銀行送金を使って入金しても、
2~3営業日で反映されるので、
口座開設後は素早くトレードができそうですね。

 

どの入金方法がベスト?

ここまで、Titan FXの入金について
お伝えしてきましたが、

「結局、どの入金方法がベストなの?」

といった事になりますよね。

 

私個人の意見では、
ビットウォレットが一番使いやすいです。

 

ビットウォレットの場合、
ここにアカウントを作って、
そのアカウントから
Titan FXへ入金する形になります。

その為、
まずビットウォレットのアカウントへ
入金する必要があり、
そこで入金する資金の0.5~5%ぐらいの
手数料が掛かります。

 

ただ、ビットウォレットから
Titan FXへ入金した際は
すぐに口座へ反映されるし、
何よりも出金が便利なので、
ビットウォレットが
一番使い勝手が良いです。

 

更にビットウォレットの場合、
他の海外FX業者でも
対応していることが多いです。

よって、ビットウォレットで
入出金をするようにしておけば、
他の海外FX業者を使う際に
すぐに入金や出金ができるので、
このような点からも便利です。

 

まとめ

今回は、Titan FXの入金方法や
手数料について
調べた結果をお伝えしてきました。

 

Titan FXでは主に、

・クレジットカード(VISA/MASTER)
・デビットカード(VISA)
・ビットウォレット
・銀行送金

といった入金方法が使えます。

 

それに、入金処理後の反映にも
時間が掛からないので、
すぐにトレードができるのも良いですよね。

 

そんなTitan FXの口座を開くなら、
以下から口座開設ができます。

 

 

もし、Titan FXの出金方法についても
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
Titan FXでの出金方法や出金されるまでの時間は?